マイトドック[ログイン]
  • お知らせ一覧
  • イベント・キャンペーン一覧
  • プレスリリース一覧
  • すべてのインフォメーション

2015/11/24

"エゾシカ肉販売" フード・アクション・ニッポン アワード 2015 販売活動部門 優秀賞受賞

〔エゾシカ肉販売〕フード・アクション・ニッポン アワード2015受賞報告


生活協同組合コープさっぽろは、エゾシカ販売に関する取り組みで「フード・アクション・ニッポン アワード2015(主催:フード・アクション・ニッポン アワード2015 販売活動部門 優秀賞を受賞しました。

フード・アクション・ニッポン アワードとは、日本の食を次の世代に残し、創るために、消費者、企業、団体、国等が一体となって推進する、国産農林水産物消費拡大の取り組みです。その一環として毎年、全国各地の事業者、団体の優れた取り組みを「フード・アクション・ニッポン アワード」として表彰しています。今年は開催7回目となり、61プロジェクトが受賞しました。コープさっぽろは「黄金そだち」「畑でレストラン」「魚の調理教室」に続き、4年連続の受賞となりました。

 


表彰式の様子(2015年11月19日 東京)

 

〔コープさっぽろのエゾシカ肉販売について〕

個体数増加で社会問題となっているエゾシカを食材として活用するため、コープさっぽろでは北海道庁エゾシカ対策室・エゾシカ食肉事業共同組合と連携して、一定水準の安全性が確保されたエゾシカ肉を2013年から道内の大型スーパーとしては初めて販売しています。

生肉をはじめ、大和煮やスープカレー、ソーセージなど鹿肉を使った10の加工品も展開。2013年の取組店は6店舗でしたが、反響が大きかったことから2014年には10店舗に拡大し、14年度の使用頭数は約700頭にのぼりました。

従来は一部レストランでの消費はあったものの、道民が鹿肉を食べる機会は非常に少なく、今回の取り組みによりエゾシカの被害対策とともに消費者にエゾシカ肉を地元のジビエとして食べてもらう機会を拡大した点が評価されました。


エゾシカの雌を飼育する養鹿場

エゾシカ肉の販売コーナー





 

 

 

 

 

第7回フード・アクション・ニッポン アワード2015

ページ先頭へ戻る