マイトドック[ログイン]
  • お知らせ一覧
  • イベント・キャンペーン一覧
  • プレスリリース一覧
  • すべてのインフォメーション

2011/03/17

東北地方太平洋沖地震で被災された方へ救援物資の輸送を開始しました。(4/22更新)

このたび東北地方太平洋沖地震により、被災されたみなさまには心よりお見舞い申し上げます。
コープさっぽろでは、日本生活協同組合連合会からの要請に応え、3月16日(水)から救援物資の輸送を開始しました。

最新の更新はこちら

活動報告はこちら(4/5更新)

第1陣出発(2011.3.16)

 トラックに積み込まれた「水」
 3月16日(水)13時30分、岩手に向かって出発しました。
 ・水(2リットル6本入)~1,000ケース 
  ・缶詰(24入)~150ケース
  ・ソーセージ(4束15入)~800ケース
  ・お菓子(各種徳用)~300ケース
  ・カイロ(30パック)~125ケース

 14トントラック2台分の物資を岩手県のいわて生活協同組合の本部へ輸送します。

 


 

救援物資輸送中の掲示をしています。倉庫に集められた救援物資岩手に向かって出発しました。

第2陣出発(2011.3.17)

 宅配のトラックと職員を派遣し、現地での救援物資の輸送や組合員宅訪問に向けて仙台に向かいました。

 乗船前の小樽フェリーターミナル内
 3月17日(木)10時30分、仙台に向かって出発しました。
 【車両】
  ・宅配トドック配達用トラック(1.5トン)~8台
   ・現地活動用BDFタンクローリー~1台
  【人員】
  ・トラック1台につき2名、計16名
  ・タンクローリードライバー1名
   合計17名 
 【物資】 
  ・水(500リットル24入)~150ケース 
  ・ハムソー(15入)~1,000ケース
  ・チョコレート~300ケース
  ・かりんとう~200ケース
  ・LLコーヒー牛乳(24入)~150ケース
  ・懐中電灯~1,000個

積み込んだ支援物資仙台に向かう車両フェリーにのりこむトドックトラック
 宅配用配達トラック8台に物資を積んで、災害救援活動人員として宅配職員16名が仙台に向かいました。

 

被災地活動状況

第2陣が3月18日(金)13:30 みやぎ生協本部に到着しました。
みやぎ生協本部には全国の生協からの支援物資が続々納品されており、コープさっぽろも2回目の支援物資を無事納品しました。

 救援物資を納品するトドック職員
現地では支援物資の仕分けや各地への運搬を中心に活動しています。
 

全国から「みやぎ生協」に集まった支援物資を、各地域の宅配センターや店舗まで輸送を中心に活動しています。

 

 

 

 

 

積み込んだ支援物資断水している地域には「おにぎり」「粉ミルク」などといっしょに「飲料水」もポリタンクでお届けしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

第3陣出発(2011.3.23)

 第2陣と交代で新たに16名が3月23日(水)、被災地のひとつである「いわて生協」へ出発しました。

 千歳空港での出発式
3月23日(水)9時35分、岩手に向かって出発しました。

  ・いわて生協の支援として16名が千歳空港から出発しました。
  (支援隊メンバーの交代です。)

   ・既に現地入りしているトドックのトラック8台で、いわて生協の職員
  と一緒にいわての組合員さんに対して商品をお届け活動をする予
  定です。




 

 

出発前の確認ミーティング搭乗手続き搭乗口に向かう支援隊

 

 

第2陣が帰ってきました(2011.3.23)

 3月17日に出発した支援チームが1週間の支援を終えて帰ってきました。

 千歳空港で帰札の報告
3月23日(水)PM6時、仙台から帰ってきました。

  ・第2陣として出発した宅配職員15名が帰ってきました。
  副団長が代表して、悲惨さ故に報道できないような最前線の
  被災地で、できるかぎりの活動をしてきたことを言葉をつまらせ
  ながら報告して帰路につきました。

帰札報告

 

 

燃料支援のため、タンクローリーが出発しました。(2011.3.24)

 みやぎ生協の支援要請に応じて、エネコープから出発しました。

 出発するローリーを見送る職員
3月24日(木)苫小牧港からフェリーで被災地へ

  ・灯油3,000リッターを被災地生協へお届けします。
  ・札幌→苫小牧港→秋田港→仙台の行程で向かいます。

苫小牧港で乗船をまつローリー

 

第3陣が現地入りし、活動を開始しました。(2011.3.24)

 3月23日(水)15:30にいわて生協本部に到着しました。

 物資の積込みをする職員
3月24日(木)8:00、本格的な活動開始です。

  ・全国各地からあつまった支援物資をトドックのトラックに
  積みこんで現地に向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

第3陣の現地活動(2011.3.24~27)

 3月24日(木)から本格的な現地活動を開始しました。

 現地での販売の様子
岩手では移動販売を主に活動しています。

  ・主に沿岸被災地を中心にいわて生協本部から片道100~
  130㎞の買い物困難な地域にトドックのトラックで商品を
  運搬して現地で販売をする支援をしています。
  

 支援活動詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

商品を積込む様子いわて生協の施設の様子。各地の生協トラックが集まっています。現地に向かって出発

 

灯油3,000リッターをお届けしました。(2011.3.25)

 3月24日(木)に出発したエネコープのタンクローリーが灯油3,000リッターをお届けしました。

 給油中
みやぎ生協へお届けしました。

  ・3/24に出発したエネコープのタンクローリが3/25無事に
   給油作業を終えました。

  ・みやぎ生協のタンクローリーに給油しました。
  

 

 

 

 

 

 

 

第3陣が帰札しました。(2011.3.29)

 3月23日(水)に出発した第3陣の先発隊が帰札しました。

 第3陣帰札
7日間の行動を終えて帰ってきました。①

  ・3/23に出発した16名の内、8人が帰ってきました。
   第2陣と同じく、TVや報道で知る以上の被災地の状況
  であったこと、物流や電気などのインフラが徐々に回復
  しつつあることを手短に報告をして解散しました。
 
 ・残りの8名は3/31にトドックのトラック8台と一緒に帰って
  くる予定です。

 ・第4陣は10名が「みやぎ」に4/3出発予定で準備しています。

 

 

 

 

第3陣の後発隊が帰札しました。(2011.3.31)

 3月23日(水)に出発した第3陣の後発隊が、トドックのトラックで帰札しました。

 第3陣帰札
7日間の行動を終えて帰ってきました。②

  ・3/23に出発した16名の内、残り8人がトラック8台と一緒
  に、岩手県から帰ってきました。
  ・岩手→(陸路)→青森→(フェリー)→苫小牧と、約7日間の
  現地支援行動後に15時間の移動で疲労はピークでしたが
  怪我もなく無事に支援行動を終えたことを団長が報告しま
  した。
 ・第4陣は10名が「みやぎ」に4/3出発予定で準備しています。

 

 

 

 

フェリーの中下船帰ってきた8台

 

 

第4陣先発隊出発(2011.4.2)

 第4陣の先発隊が「みやぎ」に向かって出発しました。

 フェリーターミナルにて
4月2日(土) 10時30分、宮城に向かって出発しました。

  ・みやぎ生協での支援活動を行うべく第4陣先発隊2名
  が出発しました。

   ・先発隊は第4陣支援団10名分の現地での食料、水、
  毛布、シュラフなどをトドックのトラックで輸送すべく
  本隊より1日早く小樽港から出発しました。

  ・本隊は4月3日(日)に8名が出発します。
  ・第4陣の支援活動する場所は被害の大きい気仙沼で
  1週間の活動を予定しています。

 

 

10名1週間分の荷物フェリーに乗船するトラックフェリーのデッキから

第4陣出発(2011.4.3)

 第4陣が「みやぎ」に向かって出発しました。

 千歳空港にて
4月3日(日) 9時00分、宮城に向かって出発しました。

  ・みやぎ生協での支援活動を行うべく第4陣8名が出発
  しました。
  ・第4陣の支援活動する場所は被害の大きい気仙沼で
  1週間の活動を予定しています。
  ・4/3に先発隊と合流して被災地入りをする予定です。
 

 

 

 

見送りする職員搭乗手続きするメンバー

 

 

第4陣が帰ってきました(2011.4.9)

 第4陣が支援活動を終え、北海道へ帰ってきました。

 苫小牧港にて
4月9日(土) 午前1時30分、と午後6時のふた手に
分かれて宮城から帰ってきました。


  ・宅配のトラックは陸路で青森まで走り、フェリーで苫小牧着で
  帰ってきました。前日には震度6強の余震が発生し、交通状況
  が思わしくない中での移動となりました。
  ・トラック移動以外のメンバー8人は山形空港から千歳空港経由
  で帰ってきました。
 

 

 

団長の帰還報告フェリー接岸出迎える職員

 

東日本大震災 異常災害見舞金の支払い訪問活動を行っています。(2011.4.22)

4月9日から1週間ずつ交代で「コープ共済の異常災害見舞金の支払い手続き訪問活動」支援の為、被災地へ派遣を開始しました。

 みやぎで活動をともにした仲間
・東日本大震災の訪問活動は、津波で被害を受けた地域の
 ご契約者宅を対象に、4月3日から5月29日まで、5泊6日を
 1クールに全11クールで行っています。

・詳しくは日本コープ共済生活協同組合連合会のホームページ
 でご案内しています。


 

 

 

■今後も日本生活協同組合連合会、みやぎ生活協同組合と連絡を密にし、必要な物資や人員を支援する予定です。

ページ先頭へ戻る